婚活サイトでの出会いでヒヤヒヤした体験

婚活サイトでの出会いでヒヤヒヤした体験

 

【東京都 30代女性  k_s6485さん】

 

28〜29歳の頃、婚活サイトを利用して出会いの機会を作っていました。真剣に結婚を考えていたので、年会費のかかる有料のサイトに登録をして、10人くらいの男性と実際に会いました。その中で失敗だったなという、ヒヤヒヤした体験が1つだけあります。

 

メールでのやりとりでは真面目で誠実そうな印象で、職業も安定した企業に勤めていて条件は良い男性でした。だいたいメールの時点で、住んでいる地域や仕事、趣味など簡単な自己紹介をしますが、その時に最寄駅を教えると、その男性も昔近くに住んでいたことがあり、その駅周辺に詳しいという話になり、話が弾みました。

 

それでうっかり住所までは教えませんでしたが、「○○小学校の近く」という家の情報を話してしまっていたのです。しかし実際に会うと、なんとなくイメージが違い、話し方やしぐさなどが私にとっては苦手で、お付き合いはできないな〜と直感的に思いました。その場では難なので、後日メールでやんわりとお断りしました。

 

すると・・・「1度だけで何がわかるんですか?」というようなメールが何度も来たので、それに対してはっきりと「もうお会いできません。メールもこれで最後にさせていただきます」とだけ送り、その後はメールが来ても返信はしませんでした。

 

きちんとお断りもしたし、そもそも相手が納得しなくてもお付き合いしていたわけでもないので、このままで良いと思っていたのですが、しばらく後「○○小学校の近くにいるので、もう1度お話できませんか?」というメールが来て背筋がゾッとしました。

 

もちろんそれに対してももう返信はしませんでしたが、徒歩2分くらいの場所なので、その後外出する度にソワソワしました。結局その恐怖を感じるメールは1度だけで、返信しなかったことでその後は音沙汰なくなりましたが、その経験から会う前に、住まいが特定できるような詳細は教えないほうが良いと、つくづく実感しました。